アダルト・チルドレン・アノニマス(ACA)

アダルトチルドレンという言葉がよく知られるようになったのは、アメリカで1970年ころからです。

アダルトチルドレンは、当時は「アルコホーリスクの子どもたち」と、アルコール依存症抱えた親の元で、育った子供たちの事を指していました。

 しかし今では、アルコール依存の親に限らず、様々な心身の病気やパーソナリティ、親の不仲、虐待などの問題を抱えた親の元で育てられ、その不健全な生活の中で自分を出せず、大人になっても良い子を演じ続けるなど生きづらさを抱えている人達のことを指すようになりました。

しかし、機能不全の家庭で育っても、今あらためて自分の子ども時代と向き合い、自分の人生を自分の手に取り戻したいと願う方々が増えています。

あなたは悪くない、過去の家庭環境や、親と自分の関係を振り返り理解することで、生きづらさを克服してゆきましょう。お気軽にお申し込みください。



●ACOAの特徴(ジャネット・ウオイテッツ)
1自分の考えや行動が「これでいい」との確信が持てない
2物事を最初から最後までやり遂げることが困難
3本当のことをいったほうが楽なときでも嘘をつく
4自分に情け容赦なく批判を下す
5楽しむことがなかなかできない
6まじめすぎる
7親密な関係を持つことが大変難しい8自分にはコントロールできないと思われる変化に過剰反応する
9常に他人からの肯定や受け入れを求めている
10自分は人とは違うといつも感じている
11常に責任をとりすぎるか、責任をとらなさすぎるかである
12過剰に忠実である
13衝動的である。他の行動が可能であると考えずに1つのことに自らを閉じ込める
学陽書房1996「アダルト・チルドレンと家族」著/斉藤学より

前の記事

愛着の影響