症候群 こんなことはありませんか?

 症候群(シンドロー)には、寓話やアニメなどの名前の付いた症候群と言うのがあります。たくさんある中から精神的またはライフワークに関する症候群をまとめました。
 病気!というほどではないかも知れませんが、ちょっと気になる症状がありましたらのぞいてみてください。
 ここでは心理学の正式用語や精神医学の正式病名ではないものもあります。そのことをご理解いただいた上でお読みください。また、当てはまる症状がありましたら、こんなことぐらいと思わず、精神科受診やカウンセリングを受けるなど早めに対処しましょう。

<症候群とは>
『ある特定の疾患もしくは病的変化を基盤として出現する一群の身体・精神症状。原因の異なる疾患が 同一の症候群を現すことがある。シンドローム。』goo国語辞典

Wikipedia では 1.根本となる一つの原因から生じる一連の身体症状、精神症状を指す言葉。
病気の項目の中の疾患・疾病・病気。
2、1から派生して、ある社会的原因から生じる病的な傾向を示す一連の人々、及びその社会現象を指す 言葉。
3、2からさらに派生して、困った社会現象や流行を病気になぞらえて呼ぶ接尾語。

原因不明ながら共通の病態(自他覚症状・検査所見・画像所見など)を示す患者が多い場合に、そのような症状の集まりにとりあえず名をつけ、扱いやすくしたものである。人名を冠した症候群の名前も数多く、原因が判明した場合にはその名前が変更されたり、時には他の病名と統合されたりすることがある。一方で原因判明後も長い間そのまま慣用的に使われている「症候群」は多く、逆に「~病」の名を冠する原因不明の疾患も多くあり、実際には明確な区別がなされていないことが多い。

セクション 1

コンテンツ 1

セクション 2

コンテンツ 2

セクション 3

コンテンツ 3

詳しくは下記からご覧ください。

子どもから思春期の方 青年期の方 女性の方
お仕事されている方 壮年・中年期の方 社会人・一般の方
あなたのお悩みを、お気軽にご相談下さい。
Copyright © ぴゅあカウンセリング All Rights Reserved.